37BASE

多趣味の飲食店経営者のブログ

新型コロナ治療薬アビガンの投与開始!開発元の富士フィルムの株価は爆上げ?

f:id:HR37:20200224202537j:plain

新型コロナウイルスの治療薬「アビガン」の投与開始

先日中国の病院が、80人規模の患者を対象にした臨床試験基づいて、アビガンの成分であるファビピラビルが抗HIV薬よりも優れた抗ウイルス活性を持ち、副作用が少ないことを示唆したと報じていました。

その翌日

加藤勝信厚生労働相は記者会見で、新型コロナウイルスに感染した患者の治療のため、国内の医療機関1カ所で同日から新型インフルエンザの治療薬「アビガン」の投与を始めたと発表した。

アビガンは一般には流通しておらず、新型インフルエンザに備えて国が約200万人分を備蓄しているようです。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

「アビガン とは」急上昇 新型インフル薬「アビガン」活用も、新型肺炎の治療薬に-加藤厚労相 …・【速報】インフル治療薬「アビガン」使用検討 “新型コロナ”で加藤厚労相 …・インフル薬「アビガン」の使用検討 新型ウイルス治療―加藤厚労相:時事 | Curation Site GURURI World – 最新ニュースや動画、人気トピックスのまとめ https://gururi.tokyo/2020/02/post-268/ #新型コロナウイルス の感染が広がる中、加藤厚生労働大臣は東京都内で記者団に対し、インフルエンザ治療薬の「アビガン」について、検証の結果、一定の効果が確認されれば、幅広い医療機関で使用できる環境を整えていく考えを示しました #抗インフルエンザ薬 で #エボラ出血熱 の治療でも使用された「#アビガン」 ついにアビガンが中国で #成果 を発揮し始めた!必死にアビガンをなかったコトにしている #安倍政権 ・ #厚労省 ・マスコミは、国民から厳しく #糾弾 される! 一般に薬の使用期限は3~5年。ということは、アビガンを製造したのが2017年6月頃とすると、使用期限は2020年6月~2022年6月。そんなに長くも貯蔵できない薬を、なぜ訳もなく200万人分も作って“#備蓄”したのか? #followme #フォロー返し

keiichi suzuki(@tsunomachi)がシェアした投稿 -

 これに関しては、新型コロナウイルスは人工的に作られた物ではないかとか、感染拡大は意図的ではないのかなど、いろいろと諸説があります。

 

アビガン開発の富士フィルムの株価は休み明け爆上げするのか?

アビガンは富士フィルムグループの製薬会社である富士フィルム富山化学が開発した薬です。

したがって休み明けに富士フィルムの株価が爆上げするのでは?と言われています。

世間が悲観的になって不安になっている人々が大半の中、儲けている投資家たちは早くから情報を集めて目をつけていたでしょうから冷静に先週には仕込んでいるんでしょうかね~

 

「みんかぶ」を見てみたら、買いの予想ランキングで1位になっていました。まあ、そりゃそうですよね。。

minkabu.jp