37BASE

多趣味の飲食店経営者のブログ

新型コロナウイルス 新型肺炎 台湾で初の死者

f:id:HR37:20200217060450j:plain

台湾でも新型肺炎の死者がでてしまったようです。

 

台湾の中央感染症指揮センターは16日、新型コロナウイルスに感染した患者で初めて死者が出たと発表した。死亡したのは60代のタクシー運転手の男性。海外への渡航歴がなく感染ルートが特定できておらず、「市中感染」としても初の事例となるという。

 

同センターによると、男性は15日に肺炎と敗血症の合併症で死亡した。同日に新型ウイルスへの感染が確認された。糖尿病やB型肝炎の病歴があったという。海外への渡航歴はなく、感染者との接触の経緯も特定できていない。陳時中・衛生福利部長(厚生相)は記者会見で、台湾で初めて「市中感染」が起きたと認めた。

 

同センターはこの男性の家族1人の感染が確認されたとも発表した。台湾での感染者数は計20人になった。引用元:日本経済新聞

 

今回台湾での新型肺炎による死者は初ですが、既に感染者が20人もいたようです。

このニュースを知る前、昨夜のことですが、たまたま台湾人の友人とFacetimeで通話

したのですが、やはりしっかりマスクを着用していました。

台湾でも皆警戒してマスク着用している人がすごく多くなっているようです。

 

実は彼はこの旧正月に日本に遊びに来る予定だったのですが、新型肺炎を懸念し

延期にしました。

夏には東京オリンピックを観戦しに、また別の台湾人夫婦がうちに遊びに来ることになっています。

その頃には無事終息していることを強く願います。

そのためにも自分は大丈夫だと過信せず、症状がなくとも潜伏している可能性もありますから、移さない、移させない精神で過ごすのが重要ですね。