37BASE

多趣味の飲食店経営者のブログ

ケンタッキーフライドチキンを再現してみました。

f:id:HR37:20191230032858j:plain

 

ケンタッキーフライドチキンを再現してみました。

今日は前々からやってみたかった「ケンタッキーのフライドチキン」の再現をしてみました。初めてにしては美味しくできたので、シェアさせていただきます

ケンタッキー再現に使う材料

A

・薄力粉・・・・・・200g

・塩・・・・・・・・小さじ 2

・タイム・・・・・・小さじ 2

・バジル・・・・・・小さじ 2

オレガノ・・・・・小さじ 1

・セロリソルト・・・大さじ 1

・黒コショウ・・・・大さじ 1

・ドライマスタード・大さじ 1

・パプリカ・・・・・大さじ 4

・ガーリックソルト・大さじ 2

・ジンジャーパウダー・大さじ 1

ホワイトペッパー・大さじ 3

・味の素・・・・・・小さじ 4

Aは全てミックスしてボールなどに入れておきます。

 

B

・牛乳・・100g

・卵・・・1個

Bもボールで混ぜておきます。

 

・鶏肉・・今回は胸肉2枚、手羽元10本、もも肉1枚を使用しました。

・牛乳・・鶏肉をゆでるのに使います。今回は1リットル使用。

 

上記は正規レシピですが、本日は時間もあまりなく、スーパーで全てのスパイスが

揃わなかったので「クレイジーソルト」を購入して、それに配合されているスパイスは省略しました。

下記は実際に今回Aとして使った材料です。

・薄力粉・・・200g

・バジル・・・小さじ 2

・黒コショウ・大さじ 1

・白コショウ・大さじ 2

・パプリカ・・大さじ 2

・ドライマスタード・・大さじ 1

・味の素・・・・・・・小さじ 4

クレイジーソルト・・小さじ 3

・ジンジャーパウダー・大さじ 1

 

ケンタッキー再現の調理方法

f:id:HR37:20191230040959j:plain

①まずは、牛乳を鍋に入れて火にかけ、そこに鶏肉を入れて茹でます。

 

f:id:HR37:20191230042050j:plain

②あまり煮込んでしまうと鶏肉のうまみが出てしまうと思うので、一通り火が通ったらざるに上げます。

 

f:id:HR37:20191230042306j:plain

③前項でいう「B」です。卵と牛乳を混ぜて、鶏肉をくぐらせます。


f:id:HR37:20191230040333j:plain

④こちらが前項でいう「A」です。

正規レシピと比べると省略したものもありますが、ミックスしたものです。

既にいい香りがしています。

これを鶏肉にまぶします。

 

f:id:HR37:20191230043020j:plain

⑤からっと揚げます。

 

ケンタッキーを再現してみた結果・感想

今まで家で作る唐揚げなどよりもいろいろなスパイスを用意した分コスト、そして手間がかかりましたが、その分、すごくおいしくできました。

牛乳で下茹でしたせいか、肉の臭みはもちろん、まろやかで歯ごたえも良かったです。

そしてなにより衣。省略はしたものの、美味しかったです。

ぺろっと完食でした。

ただケンタッキーかどうかというと、「似ている」というのが正直な感想です。

やはり省略せずにしっかり材料を揃えたらもっと美味しくなるんだと思います。

今回のケンタッキー再現のきっかけはカジサック

今回、家でケンタッキーを再現してみようと思ったのは「カジサック」

ことキングコングの梶原さんの動画を見たのがきっかけです。

動画では鶏一羽丸ごと揚げるというものですが、見た目もすごく美味しそうにできていました。

 

省略してもあの美味しさだったので、是非挑戦してみることをおススメします!