37BASE

多趣味の飲食店経営者のブログ

衝撃の外観!テスラのピックアップトラック!

テスラと言えばアメリカのシリコンバレーに拠点を置く、電気自動車会社です。

今後は環境にやさしい電気自動車産業は盛んになっていくでしょうから、きっとぐいぐい伸びていくのでしょう。

そんなテスラですが、まさかのピックアップトラックを発表しました。

f:id:HR37:20191203194156j:plain

今回は11月21日に発表されたてのピックアップトラック

「Cyber Track」を紹介したいと思います。

テスラ サイバートラックの外観

まずルックスはこんな感じです。

 

この形を見てまだCG段階だと思う方も多いのではないでしょうか?

僕も最初に見たときはそう思いました。 

でも下の動画を観て頂ければ現実味が湧くと思います。

なんと、フォードのF150と綱引き勝負です。

実際に動いている映像はよりかっこよく見えます。

 

 文句なしの圧勝です。

それもそのはず、トリプルモーターモデルでは、航続可能距離が500マイル(約800km)で牽引能力が1万4000ポンド(約6350kg)、停止状態から60mph(約96.6km/h)までの加速タイムが2.9秒というスペック。

電気自動車は馬力のないようなイメージを持っていましたが、とんでもなかったです。

気になるサイバートラックの価格は?

これを観て、すこしでもかっこいいと思った人は値段が気になったと思います。

僕も実際そうで、予想は1000万オーバーだろうと思ってたのですが

目を疑いました。

 

シングルモーター+リアホイールドライブ仕様が3万9900ドル(約435万円)

デュアルモーター+オールホイールドライブ仕様が4万9900ドル(約545万円)

トリプルモーター+オールホイールドライブ仕様が6万9900ドル(約760万円)

 

手の届く価格帯で驚きました。今まで電気自動車に興味がなかったので

値段の相場はわかりませんが、リーズナブルだと感じました!

そのせいか、開始二日で予約が14.6万台を突破したようです。

生産開始は2021年後半を予定。

 

今回のこのサイバートラックで心を打たれたので、テスラの他の車種は

どんなものがあるのか調べてみました。

テスラ、他の車種

f:id:HR37:20191203233333j:plain

ロードスター

2020年に新モデルが出るそうです。価格は2000万円超え。

f:id:HR37:20191203233629j:plain

モデルX

こちらはSUVタイプ、価格は1110万円~

 

f:id:HR37:20191203234802j:plain

モデルS

こちらはセダンタイプで価格は1000万超え

 

このように他のテスラの車種と比べてみても「サイバートラック」の価格は非常に安いと言えます。

むしろ何かの間違いなんじゃないかと思うほど。

どちらにせよ、あんなピックアップが街を走るような世の中になるのですね。

まさに小さいころ思い描いた未来のような車。

今後も要注目です!