37BASE

多趣味の飲食店経営者のブログ

下町ックな温かさに触れた一日

今日は、仕事場からすぐの銀行やらスーパーやらに自転車で行ってきました。

行かないといけないから行ったわけですが、すごく暑かったです。

 

そして久々に乗る自転車は、漕ぎ出してから気づいたのですが

空気があまり入っておらず、タイヤが少し潰れた状態です。

 

タイヤに空気が入っていないと、漕ぐのに力を要するので

余計疲れました。

 

そんな中、自分が住んでいるエリアではあまりない温かさを感じたので

書きたいと思います。

 

ここは下町というのでしょうか、昔ながらの商店街や

古くからある住宅街があり、最新の建物とレトロな建物が

入り混じっています。

 

f:id:HR37:20190822170453j:plain

 

上方を見れば高層ビルや高速道路が見えるが、少し細い道に入ると

昔ながらの雰囲気がそのまま残ったりしています。

 

銀行へ向かう途中、日焼けしたいかつい感じの交通誘導の人が

元気よく僕に「こんにちは!」と言ってくれました。

先へ進むと今度は違う誘導の人が、超明るいテンションで

「自転車の方通られまーす!」と注意を促してくれました。

 

こんなに明るい交通誘導の人見たことないなーと思い

気持ち良い気分になりました。

 

銀行の後、スーパーへ行ったのですが、ここがまた

地元の人に愛されて数十年的な雰囲気で

中はお店の人が活気にあふれて、「安いよ安いよ」とか言ってます。

なんか小さいころよく行ってたスーパーみたいで

懐かしい気持ちになりました。

 

レジの方も陽気に「暑いね~」と声をかけてくれました。

 

いい町だな~と思いながら、再び自転車をこいで帰っていると

今度は前方に工事現場のおじさんが、主婦っぽいおばさんに

頭をさげながら丁寧にお礼をしているところでした。

 

おばさんは現場の人にでっかい水筒を渡していたのです。

状況的には、家の前でたまたま道路工事をしていて

作業員の人が汗だくだったのをみて

家でお茶を水筒に入れて差し入れをした、という感じだと思います。

 

自分の家の工事をしてくれている人に差し入れをするのは

よくあることですが、関係のない人に差し入れるというのは

初めてみました。

 

この短時間にたくさんの人の温かみを感じ

改めてこの町が好きになり

自転車もいいもんだなと思いました!