37BASE

多趣味の飲食店経営者のブログ

宮迫さんと亮くんの会見で疑問が晴れました。

昨日、宮迫さんと亮くんの会見が開かれましたね。

個人的にも好きな二人なので気になっていたのですが

仕事のため生では観えず、夜中に観ました。

 

少しまとめてみると


・亮が記者会見したいといったら吉本興業に止められた。

・吉本を辞めてでも会見すると亮が言ったら、

 吉本の社長に他メンバーも連帯責任でやめさせると言われた。

・吉本はその際に弁護士などを部屋から外に出し、
 宮迫らに「テープとかで撮ってないだろうな?」と確認の上での発言。

・引退時期は吉本側が決めると言い、亮が吉本興業に不信感を持つ、
 このままではずるずるといつまでたっても話は進まないと思い
宮迫と亮は弁護士を雇  う。
・2日前に弁護士のもとに吉本から書面が届き、二人の引退会見か契約解除どちらか選べと言い渡される。

・宮迫が引退会見を一人ですると訴えるも
 2時間後に引退会見をするなら戻ってきてくださいと言われる。

・亮とともに会社主導の生放送ではない収録の会見は意味がないと、
 会社を辞めて会見をすると宣言する。

・宮迫は吉本を契約解雇にはなるが引退はしない。

・最近出たフライデーの記事の写真は、知り合いの飲食店でトイレに行き、出てきた際にいきなり「写真を撮ってくれ」と
 頼まれて撮ったものであり、お金の授与なんてまったくない。
 お店の店長が証言してもいいと言ってくれてる。
 
・それを重大な支障が生じたというのは宮迫からは納得できない答えだった
 例の100万円で後輩たちとの忘年会代を払ったがお釣りの額は覚えていない、
 若手へのタクシー代なども渡したのでお釣りはもらったが正確な額までは覚えていない。
吉本興業は会見をしても傷口を広げるだけ、
 こんなことでは引退はさせられないということだった。

・亮、敦を始め自分を信じて擁護してくれる人に対して辛かった、どうしても会見を開きたかった。

・宮迫側が弁護士をつけたことが吉本興業としては許せなかった、
 ファミリーだと思ってたということだが、亮はファミリーならば悪いことをして

 きちんと謝ろうとしている子供に対して親がとる行動ではないと思ったし

 会見がどんどん遅れていくことが辛かった。

・亮、吉本興業がいきなり態度を変えたのは納得できない、限界が来て今回の会見を開いた
・宮迫、最初に金をもらってないといってしまったのは
 5年前の記憶だったのもあるが保身だった。

・松本に対し電話をし、松本はいくらもらったなど
 細かいことを全部言ったほうがいいと言われたが、
 宮迫は、そうですねという感じで、アドバイスは聞き流していた。

・亮、吉本興業にお金をもらったと告げに行った日にそのままラジオの仕事だった。
 吉本興業や他の芸人と話したが静観という流れに従ってラジオでは嘘をついてしまった。
・宮迫、謹慎が決まった日に松本に再度電話し、嘘をついていたと謝罪したところ

 松本はノーギャラでも宮迫のカバーをすると言ってくれた。

・闇営業に関して、入江からは結婚パーティーに顔を出してくれと
 飲みの席で言われた、ギャラも出ると言われた。

・亮はギャラの高額さに対してやや不信感があって入江に問いただした。

・入江は自分の会社のスポンサーだと言われたので信頼してた。

・反社会勢力かどうかはその時はわからなかった、パーティーには子供も多くいて
 家族がいっぱいいたのでそういうグループには見えなかった。

・入江が開いていたイベントには吉本興業の社員もいた。入江や社員は真実を知ったうえでの行動だったのか。

・亮、敦とコンビが出来なくなるが本当の事を言いたいと記者会見前に電話した。
 敦は個人的にはコンビ解散とは思ってないと言ってくれた。

・宮迫、若い頃に何度か闇営業はある、その時のギャラは5千円~1万円だった。

・亮もあるが、2度ほどしかギャラを貰った闇営業はない。
 知り合いの誘いで行ったので、闇営業の相場を知らず、50万というのが

高いというか、通常こんなものなのかどうかはよくわかっていなかった。

・宮迫、本当は吉本興業への批判を言う会見を
 したかったわけじゃない、反社会との関わりと、
 詐欺被害にあった方への謝罪をしたかっただけ。

・子供の頃から憧れ30年間育ててくれた吉本興業に対しては感謝しか無い。

・亮、会社を攻撃するような事は考えてすらいなかった。

吉本興業は弁護士が来ると態度が変わった、
 最後の方は弁護士としか話せず、一方的な吉本興業の態度に
 どんどん不信感がでてきてしまった。

・ネットでも見れるようにしてくれと頼んだらこっちでやると言われた。
・亮は何が大丈夫なのかわからず、元々好きだった会社なのに
 こんなふうに変わるのかということにびっくりしている。

・ふたりとも今後についてはまだ何も考えられない。

・亮、自分が感情的に言ってしまってるように見えてしまっているのが残念だが
 事実を言う、嘘をつかないという目的の会見だから信じてほしい。

・会見中に田村亮の契約解除が吉本から発表され、
 契約解除自体は会社の会見に行かなかったのでそうなると思ってたが、
 なぜ宮迫と同じタイミングで発表じゃないのかわからない。

・亮、契約解除ということで引退とは考えていない。

・宮迫、妻からは責任を取って引退したほうがいいんじゃないかと言われていた。

・息子はもう大学生、しっかりと話すことができていない。

・亮、妻からは自分の子供にも見せられるような会見にしなさいと言われた。

・損害賠償に関しては支払うべきものがあるならば支払う。

・しかし記事が出た後にも吉本興業から収録には行けと言われていた、
 宮迫としては大丈夫なのか?と思っていたので、記事が出た後の
 収録の損害賠償などがあるならば話し合いたい。

・入江は1度だけ吉本で全員での話し合いのときに来た。

・入江のスポンサーの会社、エステ会社として某ビジネス雑誌にも載ってた、
 逮捕された人も社長しして載ってたので大丈夫だと思ってた。

・残りのメンバーの謹慎期間を短くしてほしいというところは守ってほしい。

・訴訟などは現段階では考えていないが、後はわからないが、
 この会見でそこの部分の身の潔白は信じてもらえればいいと思ってる。

・写真については30年の中で何万枚もとってる、
 覚えてるだけでも家族でハワイに行った時に
 入れ墨の入った方に頼まれて撮った。

・そこを断るのは難しい、特に家族が居ると断りづらい。

・フライデーの第二報のような写真は
 今後も出てくるかもしれないが、そこはきちんと判断してほしい。

記者のえげつない質問、
不倫報道のときに宮迫はオフホワイトと表現したが
色に例えるとという質問

宮迫はそういうのはちょっと拒否。

 

二時間半にも及ぶ会見でした。

 

その日の夜、ツイッターで松本さんが動くとのツイート

 

その後、吉本興業へ向かい、岡本社長の会見や芸人のギャの問題について

話したという。

吉本興業の中に松本興業のようなものを作り、そこで『イエローカードの子』

たちを俺が引き取る」と提案し受け入れてくれたとのこと。

 

松本さんの希望は、近いうちに岡本社長と宮迫が乳首相撲をすること。

それですべて解決すると思います。そういう会社じゃないとダメなんですよ。

とのコメント。

 

さすがまっちゃんだなと思いました。

 

二人とも大変反省している様子でしたので、このまま良い方向に行ってくれることを願います!